logo

苦肉の策 意味

精選版 日本国語大辞典 - 苦肉の謀の用語解説 - 敵を欺く手段として、わが身を苦痛におとしいれてまで行なうはかりごと。また、一般に、考えあぐねてやっとひねり出した方策。苦肉の計。苦肉の策。※雑俳・柳多留‐初(1765)「ゆび切るも実は苦肉のはかりごと」. 「苦肉の策」の例文 【日本語】「苦肉の策で、不本意ではあるが、吸収合併に合意する」 【英語】 A scheme to 苦肉の策 意味 create dissessions in the rival camp. 苦肉の策 苦肉の策(くにくのさく)とは、「人間は自らを害すことはなく、害は必ず他人から受けるものである」と思い込む心理を突いた計略である。�.

苦肉については、「敵を欺く手段として自分の身(肉)を苦しめること」を意味するそうです。 人間は自らを害すことはありません。 害は必ず他人から受けるものであると思い込みがちです。 そんな心理を突いた計略(策)が「苦肉の策」と. 【苦肉の策】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳) 「く」で始まることわざ. 重要語の意味 苦肉= 「くにく」と読み、敵をだますために自分の身(肉)を苦しめること。 策= 「さく」と読み、はかりごと。計画がうまく進むようにするための方法。.

該当件数 : 390件. 【意味】 考えあぐね、苦労した末の策。苦肉の計。 【語源・由来】 「苦肉」は、敵を欺くために自分の体を苦しめること。「苦肉の計」「苦肉の謀(はかりこと)」とも。. 苦肉の策 (くにくのさく) 相手を欺くために、自分の身や味方を苦しめてまで行う策略。 策士、策に溺れる (さくし、さくにおぼれる) 策略に秀でた人は策を練りすぎて、逆に失敗するということ。 策を講じる (さくをこうじる). 歌詞を覚えることができなかったので、 苦肉之計 で口パクで歌いました。 苦肉の策 意味 苦肉の策 意味 苦肉之計 で配られた景品が思いのほか好評でした。 苦肉之計 で助かったどころか大成功を収めました。.

「苦肉」とは、敵をあざむくために自分の身や味方を苦しめること。 苦し紛れの手段という意味は、「苦」という言葉の連想からいうようになったもの。 【出典】 - 【注意】 「国苦の策」「苦に苦の策」と書くのは誤り。 【類義】 苦肉の計/苦肉の謀. 【意味】 苦肉の策とは、苦しまぎれに考えだした手段。. 25 苦肉の策 意味 完全オリジナル記事4絶対コピペ禁止4 ツイート. GoTo一部停止 “苦肉の策”与党にも波紋 /11/24 11:47 政府は、北海道・札幌市と大阪市の「GoToトラベル」一時停止について、24日にも決定する。 /A plan to deceive the enemy by self-torture. 所属県議がどちらの陣営に参画するかの制約はしないといい、「建設的な意味での2人の.

漢字のままの意味ですが、 自分の体を犠牲にする事で、相手を信頼させる策です。 これは三国志以前からあった言葉で、 当時中国で見本とされていた兵法三十六計の中で、 第三十四計にあたる戦術に「苦肉計」として記載されています。. 意味: 逃げることができなくなり、どうしようもなくなった時に思いついた手段や作戦。 「窮余」は苦し紛れにという意味。 「一策」は一つの作戦。 出典 - 類義語: 苦肉之策(くにくのさく) 苦肉之計(くにくのはかりごと). 敵を欺くために、自分の身や味方を苦しめてまで行うはかりごと。また、苦しまぎれに考え出した手立て。苦肉の謀 (はかりごと) 。「苦肉の. 苦肉の策等は、間違った意味で用いられている、というのはしばしば話されます。 しかし、間違った意味で使われているということは、 実は別の起源があるのではないか、等ということも想像できて楽しいですね。 はじめての三国志:全記事一覧はこちら. 転じて、苦しまぎれに考え出した方策。 使用例 島原や祇園の花見の宴も、苦肉の計に耽っている彼には、苦しかったのに相違ない[芥川龍之介*或日の大石内蔵助|1917]. このため、苦肉の策として大豆の加水分解液を醤油に利用する方法が導入され、戦後しばらくの間はこうした醤油造りが続いた。 例文帳に追加 For this reason, the method to use a hydrolyzed solution of soybeans for soy-sauce was introduced as a desperate measure, and production of soy-sauce. 「苦肉の策として」や「苦肉の策を講じる」のように使いましょう. 彼の 反間苦肉 の策にまんまとはまり、健太くんとともこちゃんは仲たがいをしてしまいました。 反間苦肉 の策で、密告することで味方同士に疑心暗鬼を生じさせチームワークを壊しました。.

苦肉の策。なんだか難しそうな、いかにもことわざといった感じの言葉ですね。 意味合いとしては、 「計略を成功させるために、自分や味方をあえて苦しめる」といったもの。. 「苦肉の策」とは「苦しまぎれに考え出した手立て」「または苦肉の計、苦肉の謀(はかりごと)」という意味で知られている。 しかし元々は「敵を欺くために自分であったり味方を苦しめる」という意味の言葉だった。. これは、人は自ら傷つけることはなく、他人に傷つけられるものなので、傷つけられた人を信用してしまうといった心理を逆手にとっ. 苦肉の策(くにくのさく)とは。意味や解説、類語。敵を欺くために、自分の身や味方を苦しめてまで行うはかりごと。また、苦しまぎれに考え出した手立て。苦肉の謀 (はかりごと) 。「苦肉の策を講じる」 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。. 「苦肉の策(さく)」 「苦肉の謀(はかりごと)」 とも言いますね。 “策”と“謀”には、いずれも相手を騙す策略・謀略の意味があります。 普通、人は自分をわざと苦しめるようなことはしません。. a bittersweet measure. 「苦肉の計」の意味を詳しく 「苦肉の計」とは、人間は自らを傷つけることができない、という思い込みを利用して敵をだます計略のことです。 自分の身や仲間を苦しめてまで行います。.

自民県議も分裂「苦肉の策」2人推薦 岐阜県知事選. 四字熟語「苦肉之策」の意味。苦肉之策とは、苦し紛れの策略のこと。または、自らの体を苦しめることまでして、敵を欺く策略のこと。三国時代、赤壁の戦いで呉の黄蓋が魏のスパイの前で、自らの意思で刑を受け、見限っての投降と思わせて、敵の陣営の船団に火を放ち形勢逆転した故事. この故事に見られるように、「苦肉計」とは、自らの体(肉)や味方を苦しめることによって敵を欺く計略のことだが、そ こから生まれたと言われる日本語の「苦肉の策」は、「苦し紛れに考え出した手段」という意味で用いられる。. 意味の変化 編集 「苦肉の策」という慣用句は「苦し紛れに生み出した手段・方策」という意味で使用されているが、本来、苦し紛れの意味はない。.



Phone:(959) 364-2677 x 3982

Email: info@wmmo.i-zooom.ru